ニキビを作らないための洗顔のコツ

ニキビの原因は洗顔の際にしっかり汚れを落としていないことが主な原因ですが、そもそも顔に汚れがつきやすい生活をしている人はニキビのリスクが増える傾向があります。顔をよく触る人は、手についた菌を顔につけているのと同じなので顔に汚れが付着し、ニキビの発生を促進してしまいます。髪も同様で、髪が顔に触れてしまうヘアスタイルの人で、髪を触れる人は同様のことが起きます。
まずは、髪や顔に汚い手で触れることを少なくすればニキビの発生は減少できる可能性があります。


顔を手で触ってしまった場合でも、毎日の洗顔をしっかり行えばニキビの発生を防ぐことができます。
洗顔には、無添加の洗顔料を使用し、肌へのダメージを極力カットします。
毛穴の奥の汚れを除去するために、ぬるま湯で下洗いして、洗顔料をよく泡立てて、きめ細かい泡で優しく洗います。泡を肌の上で転がすようにして、ゴシゴシと力強く洗うことを避けます。顔を満遍なく泡で洗ったら、ぬるま湯で15回程度流します。泡がしっかり洗い流せたら、少しずつ冷たい水で毛穴を引き締めながらさらに10回程度洗い流します。水を拭き取る際は、綺麗で清潔なタオルを使い水分を落とします。
無添加の化粧水、保湿美容液、乳液で乾燥するのを抑えておけば、ニキビの発生を極力抑えることができるのでお勧めです。

みんなのおすすめおでこニキビケアアイテム


2016年7月26日 ニキビを作らないための洗顔のコツ はコメントを受け付けていません。 ニキビケア