綺麗に洗顔するコツは泡にある?

美肌の基本は洗顔と言っても過言ではありません。
洗顔は高級な洗顔料を使えば良いというものではなく、洗い方にコツがあります。
その中でも、もっとも注意を払いたいのが泡です。洗顔の際の泡がキメ細かいと、泡の粒が肌の毛穴にしっかり届き、見えない汚れも除去してくれます。毎日しっかり洗顔をしているのにも関わらず肌がきれいにならない人の多くは、泡をしっかりときめ細かい泡にしないで洗っている人が多いです。
しっかり良質な泡を作るには、ネットがオススメです。泡立てネットは空気を適度に含みながらキメの細かい泡が作れます。

手順は、まず手をしっかり洗い、汚れをなくしてから手のひらに洗顔料を適度に出します。ぬるま湯で濡らした泡立てネットを手のひらの洗顔料の上でこすりながら泡立てます。水分が足りない場合は、ほんの少しだけ水を垂らしてどんどん泡立てます。
両手の手のひらいっぱいになったら、顔のおでこ、頬、眉間、鼻の上に乗せて優しくゆっくりと回しながら泡を肌の上で転がします。ゴシゴシと力を入れては泡が毛穴に届かないので撫でるように肌を洗います。顔全体に泡が広がるように洗ったら、ぬるま湯で洗い流します。なるべく温かいぬるま湯を手ですくうように顔に当てて泡を流していきます。10回以上のすすぎを行ったら、最後には少し温度の低い水で何度か洗い流し、毛穴を引き締めます。

このように毎日の洗顔を決めの細かい泡で行うことで綺麗な肌を保つことができるのでオススメです。

シミを消すサプリ