おでこのしわを作らないための顔運動法

おでこを覆う大きな筋肉は前頭筋といい、眉毛を上下に動かすときなどに働きます。眉毛を上げたり上目遣いをする癖のある人はおでこにしわができやすくなるので要注意です。

を開ける時に眼輪筋を使って目を開けずに前頭筋をつかって目を開ける癖になっている人はおでこにしわができてしまう原因になります。眼輪筋の筋力が低下することで瞼がたるみ、眼球を支える筋力が低下して眼球の位置が下がり、目の下のふくらみの原因や瞼のくぼみの原因にもなります。そのため、おでこのしわを作らないようにするためには眼輪筋を鍛えて目力もアップさせ、おでこのしわを取るトレーニングが効果的です。
まずはじめに眉毛をぐっとあげて驚いた顔を作った時に動く、おでこを覆っている筋肉が前頭筋です。おでこに片方の手を置いて、しっかりと密着させ、眉を上げてもおでこが動かないようにして、しっかりと手を密着させたままで目をしっかりと開き10秒ほど停止します。

その後力を抜いてから再び同じようにして目をしっかりとあけることを10回から20回程度繰り返します。しわを防ぐためにバスタイムに行うのがおすすめです。この顔運動法を続けていると目がしっかりと開くようになり、おでこにしわを作らないようになってきます。

    おでこのしわ